よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

女性活躍推進の夜明け

女性部下を持つ男性管理職に知ってほしいこと -株式会社CHANCE for ONE社長 清水レナさんインタビュー

『輝く会社のための女性活躍推進ハンドブック』著者インタビュー

2015年8月中にも国会で、「女性活躍推進法」(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)が成立する見通しです。女性活躍推進の機運が盛り上がる中、女性のキャリア支援や企業向けコンサルティングを行ってきた清水レナさんが2015年6月、企業の中での女性活躍推進の進め方について述べた『輝く会社のための女性活躍推進ハンドブック』を刊行しました。

株式会社CHANCE for ONE代表取締役社長 清水レナさん

「社会のあらゆる分野において、2030年までに、指導的地位に女性が占める割合を30%にする」――。2013年、政府の成長戦略に、企業の管理職に占める女性の割合を増やすという目標が掲げられました。ここ1年あまりで潮目が大きく変わり、企業が本気で女性活躍推進に取り組み始めています。清水さんは、「女性活躍推進は、企業の人材不足の問題を解決し、企業競争力を高めるためのもの。『法律ができたから(仕方なく)やろう』というのではなく、積極的、自発的に取り組んでほしいと考えて、この本を書きました」と話します。

ターゲットは40~50代の男性管理職

女性活躍推進の中でも、特にハードルが高く、企業の戸惑いが大きいのが、「管理職に占める女性の割合を増やす」という課題です。この本は特に、この課題をクリアするための具体的な実践方法に焦点を当てています。

日本企業が女性管理職を増やすうえで、大きな壁となっているものの1つは、約90%を男性が占めている管理職の意識だと清水さんは指摘します。「管理職に必要な経験を積むための機会は、育成する立場にある直属の管理職の力添えなしには実現できません。つまり、彼らの意識改革なしに女性の活躍は実現しないと考えて、40~50代の男性管理職を読者ターゲットに定めました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.14
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.14 2016年6月号 一日で、ロジカルに話せる人になる ビジネスシーンでの「話し方」において、最も必要なことはなんだろう。そして、世の中の働く女性が苦手だと感じていることは? 今月のプレジデントウーマンは「論理的に話すこと」を目標に掲げます! これができれば、きっと悩みは解決するはずです。

今日の花個紋

花金鳳花の丸

はなきんぽうげのまる
個意ことば
【色気】
花名
花金鳳花

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★