よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

河崎環「WOMAN千夜一夜物語」

なぜ「女はわがままでめんどくさくて意味不明」なのか

ベアーズ役員「女に読んでほしくない女性マネジメント術」から考える

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
河崎 環 かわさき・たまき
フリーライター/コラムニスト

河崎 環1973年京都生まれ、神奈川育ち。乙女座B型。執筆歴15年。分野は教育・子育て、グローバル政治経済、デザインその他の雑食性。 Webメディア、新聞雑誌、テレビ・ラジオなどにて執筆・出演多数、政府広報誌や行政白書にも参加する。好物は美味いものと美しいもの、刺さる言葉の数々。悩みは加齢に伴うオッサン化問題。

執筆記事一覧

文=河崎 環
この連載の一覧

女性従業員を大勢抱えるベンチャー企業の執行役員が「女性に読んでほしくない女性のマネジメントについて」と題した記事で炎上し、降格処分を受けた。しかしそもそも、なぜ女性は「わがままでめんどくさい」「意味不明な生き物」と男性に思われてしまうのだろうか?

女でも「女性と働くと仕事がやりづらい」と思うことがある

とあるバリバリの理系女子エンジニアが、「レアケースであることは重々承知の上で思うのですけれど」とチョコレートケーキをつつきながら話し始めた。「弊社、あまりに硬派な機械メーカーなものですから、部署内の工学系女性技術者は私だけなんですよ。自分以外が全員男性という環境で10年以上働いてきて思うのは、男性ってものすごく空気を読むし、コミュニケーション能力の高い人達ですよ。むしろ他部署や他社で出会う女性の方が状況を読めていないと感じることが多いし、理解や判断が曖昧だったり遅かったりで、女の人ってコミュニケーションが下手だなぁ、やりづらいなぁと思います」。

女性が口にした「女性と働くと仕事がやりづらい」の言葉に、私はチーズケーキをほじくる手を止めて顔を上げた。「それは、彼女達が理系的な考えの道筋や知識、常識を共有していないからそう感じるのでは? プロフェッショナルな分野が違うからじゃない?」と尋ねると、理系女子は「そうかもしれないと考えて、こちらが知識のギャップを埋めようと一生懸命説明するのに、上の空というか、関心を持ってくれないんです。いかにもつまらなさそうな顔でコミュニケーションをシャットダウン。しかも理解が悪く、何度も同じ説明を要求してくる……あまりに話が合わないことが続くと、こちらも心が折れます」。

その理系女子が所属するメーカーとは、例えばファッションやコスメやスイーツが大好きなキラキラ女子からすれば、存在自体が視野の外にあるに違いないゴリゴリにクールでメタルでヘビーな重工業企業である。「弊社のプロダクト」について目を輝かせて説明するエンジニア女子も、それがまったく耳に入ってこない文系女子も、どちら側の立場でも無理はなかろう……と思ったのだが、世間の「女性は周りが見えていて気遣いができてマルチタスク」的なラベリングと真逆な、「女性は空気が読めなくて冷淡で生産性が低い」という意見を当の女性の口から聞くと、「女とは」「男とは」などというラベリングで語られるアレコレがいかに一面的なものかとしみじみ反省した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.14
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.14 2016年6月号 一日で、ロジカルに話せる人になる ビジネスシーンでの「話し方」において、最も必要なことはなんだろう。そして、世の中の働く女性が苦手だと感じていることは? 今月のプレジデントウーマンは「論理的に話すこと」を目標に掲げます! これができれば、きっと悩みは解決するはずです。

今日の花個紋

陰巾着草

かげきんちゃくそう
個意ことば
【寛大】
花名
巾着草

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★