よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

サカタカツミ「キャリアの曲がり角に効くコラム」

「気がついたら、もうこんな年齢」と焦ったことのあるあなたへ

キャリアについて考える月曜日

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
サカタカツミ サカタカツミ
クリエイティブディレクター

サカタカツミ就職や転職、若手社会人のキャリア開発などの各種サービスやウェブサイトのプロデュース、ディレクションを、数多く&幅広く手がけている。直近は、企業の人事が持つ様々なデータと個人のスキルデータを掛け合わせることにより、その組織が持つ特性や、求める人物像を可視化、最適な配置や育成が可能になるサービスを作っている。リクルートワークス研究所『「2025年の働く」予測』プロジェクトメンバー。著書に『就職のオキテ』『会社のオキテ』(以上、翔泳社)。「人が辞めない」という視点における寄稿記事や登壇も多数。

執筆記事一覧

文=サカタ カツミ
この連載の一覧

会社から望まれる通りに必死に働いてきて、ふと気がついたらもうこんな年齢になっていた。また、ある日突然「自分のキャリアは自分で選びなさい」と会社に言われて戸惑った……そんな経験はありませんか。

「気がつけば、もうこんな年齢になってしまった」――本連載が主な読者として想定している、キャリアの曲がり角に差し掛かった女性と話をしていると、こんなセリフをよく耳にします。

だから落胆しているとか、焦っているとか、そういうわけではない。ただ、ある日突然その事実に気がつき、驚いてしまった……そういう感じでしょうか。まあ、女性に限らず、かつての自分が将来のことなど想像もできずに、結果的にその年齢に達した時に、昔思い描いていた未来予想図とは大きく違っていることなど、よくある話です。そして「気がつけば、もうこんな年齢」と焦った後には大抵、「これから、いったい私はどうしたいのだろうか?」というフレーズが続きます。

「気がついたら、もうこんな年齢!」そう思って焦ったことはありませんか。

この世代の人たちの多くは、小さな時から「将来何になりたい?」「どんなことがしたい?」「実現したいことは?」と、聞かれ続けた人生だったのではないでしょうか。さらにいうと、それらの問いに対して、頭を振り絞って出した答えは、改めて考えてみると別段実現してはおらず、努力した結果も報われたと実感するほどの手応えも得ていない、という人が大半です。

とはいえ、現状に満足していないわけでもない。毎日が忙しいからいろいろと考えあぐねている時間はない。しかし暇がないことを言い訳に現状のままでいい、とも考えていない。それまで特に思い悩んできたわけではなかったのに、ふと気がついたら「その場でぐるぐる」思案をしてしまうようなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★