よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

次世代イケメン紳士録

22歳で武者修行「道なき道」を行く僕の流儀、マリンビスト・SINSKE さん【前編】

新連載・次世代イケメン紳士録

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
森 綾 もり・あや
ライター

大阪府大阪市生まれ。スポーツニッポン新聞大阪本社の新聞記者を経てFM802開局時の編成・広報・宣伝のプロデュースを手がける。92年に上京して独立、女性誌を中心にルポ、エッセイ、コラムなどを多数連載。俳優、タレント、作家、アスリート、経営者など様々な分野で活躍する著名人、のべ2000人以上のインタビュー経験をもつ。著書には女性の生き方に関するものが多い。近著は『一流の女(ひと)が私だけに教えてくれたこと』(マガジンハウス)など。http://moriaya.jimdo.com/

執筆記事一覧

文=森 綾 撮影=ヒダキトモコ
この連載の一覧

次世代に期待されるイイ男を紹介する本連載、第1回のIT起業家から一転、今回は音楽の世界で今後さらに輝いていくだろうマリンビスト、SINSKE(シンスケ)さんの登場です。鍵盤打楽器マリンバの演奏家であり作曲家としても活躍する、彼の音楽にかける情熱に迫ります。

マリンビストにして、作曲家でもあるSINSKEさん。アントワープ王立音楽院各打楽器科を首席で卒業。 テヌート2000音楽コンクール(ベルギー)で優勝、併せてベルギー著作権協会賞を受賞。第3回世界マリンバコンクール(ドイツ)第2位、トロンプ国際打楽器コンクール(オランダ)第3位等、各欧州主要コンクールにおいて各賞を受賞の後、マリンバのソロ活動をスタートした日本マリンバ界の星だ。

「マリンビスト」ってどんな仕事? そう思う読者も多いかもしれない。マリンビストとは、音階と独特の木の響きをもつ、アフリカで生まれた鍵盤打楽器「マリンバ」の奏者のこと。

SINSKEさんはこのマリンビストとして、今、日本一注目されている演奏家だ。SINSKEさんがマリンバで演奏するのは、クラシックはもちろん、ポップス、ジャズ、マリンバのオリジナル楽曲までさまざま。

昨年は自主企画によるツアーなど50回以上のステージを成功させた。今年も既に40回の公演予定が組まれるなど、演奏家として精力的に活動する傍ら、マリンバのオリジナル楽曲や日本舞踊協会新作公演などの作曲を手掛け、さらにマリンバの普及と若い演奏家の育成にも熱心に取り組む、まさに八面六臂の活躍ぶりだ。それでいてこのビジュアル……追っかけファンがいる、というのも納得できる。気になるマリンバの音色は?

 
写真右は、演奏の相棒、マレットの数々。出したい音で使い分ける。写真中で演奏しているのは希少な革性のマレット。原始的でユニークな音を奏でることができる。

「マリンバを聴いた皆さんは、冬に聴くとあったかくて、夏に聴くと爽やかで涼しげ! と言ってくださる。木の響きは日本人にはなじみがいいのでしょう」とSINSKEさん。

実際、撮影に伺った録音スタジオで、軽やかに演奏してくれたSINSKEさんの奏でる音は、空間と人を一つにして心地よい振動と共鳴を感じさせた。どこか原始的なところと洗練されたところが共存する楽器。

そんなマリンバとの出会いについてSINSKEさんに聞いてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★